【台北】芝山巌神社 その2:六氏先生・幕末の志士の魂を引き継ぐ者

台湾に教育の礎を作った6人の教育者「六氏先生」を祀る芝山巌神社が、かつて台北の士林にありました。その6人の教育者たちは、台湾に教育を普及させようという志を持って渡台しますが、抗日ゲリラに襲われ、命を奪われてしまいました。彼らを祀るために碑が建ち、後に神社も建立。そして台湾で亡くなられた他の教育者たちも祀られるようになり、芝山巌神社は台湾教育者の聖地となっていきました。 ★戦後台湾へ渡ってきた国…

続きを読む

【台北】芝山巌神社 その1:六氏先生・台湾で命をかけて教育に挑んだ6人の教育者

▲かつての芝山巌神社へ続く長い階段。木々がうっそうとしていて、ちょっと日本の神社的な風景 台湾に教育の礎を作った6人の教育者「六氏先生」を祀る芝山巌神社が、かつて台北の士林にありました。その6人の教育者たちは、台湾に教育を普及させようという志を持って渡台しますが、一年も経たずして抗日ゲリラに襲われ、命を奪われてしまいました。その6名の教育者たちを祀るために碑が建ち、後に神社も建立されました…

続きを読む

【台北】圓山水神社 その2:台湾人によって今も守り継がれている神社

*神社ならではの神聖な空気が漂う山の中 圓山水神社は台湾に残されている神社の中でも、社号標、灯籠、手水舎、狛犬、社などの神社を構成する配置がはっきりと残っている貴重な神社跡ではないかと思います。神社の由来については「その1」に書きましたが、当時の水道局が管理する私設神社だったようです。竣工当時の新聞記事をWEBで確認したところ、祭神は水波能売神、栄井神、生井神とありました。…

続きを読む