飛虎将軍:台湾で神様になった日本軍人、故郷の水戸に里帰り

台湾南部の台南市にある「鎮安堂 飛虎将軍廟」。ここには旧日本帝国海軍の軍人で、零戦パイロットの杉浦茂峰少尉(当時は飛行兵曹長)が祀られています。一昨日9月22日、その杉浦少尉の御神像が、生まれ故郷の水戸に里帰りをしました。 ▲護国神社の御神輿に乗った台湾の神様「飛虎将軍」 *台湾で神様になって祀られている日本人・飛虎将軍とは?? 今年の5月、私が台湾を鉄道で一周した時、台南の飛虎将…

続きを読む

九份の桜

まだブログを初めて2回目なので、試運転的な投稿で失礼いたします。本来なら台湾で出会った日本的なものをちょっと詳しく紹介してみようかと思っていましたが、たまたま先月台湾へ行ってきて、タイムリーなのでいきなり番外編としてアップします。今回九份に初めて行ってみました。そこでなんと桜と出会いました。これはソメイヨシノでしょうか?このソメイヨシノ?はたしか日本が台湾に持ち込んだと私の記憶にあります。 ▲…

続きを読む