【台北】未だ存在する日本家屋

只今台北に来ています。

iPhoneからブログを更新するのは初めてです( ;∀;)

すこしドキドキ!(*'ω'*)

インスタにアップしたのを少し修正しました。


9457ECB6-A8EF-4C73-B1EE-569F57EFC842.jpg


台北に初めて来た時に、戦前までの日本時代の日本家屋などがやたらとあちこちにあってびっくりしました。

それも、現役でボロボロのまま使われていたり、朽ち果てそうだったり、最近では復元やリノベーションされる事も珍しくはないですね♡

しかし、復元された日本家屋は所々ツッコミ所満載だったりします。

たとえば、押入れは木製のトイレのような扉ではなくて、襖でしょ(≧∀≦)


661D360E-13DC-4A19-878B-557A4D9BCEF1.jpgE7640BBD-036E-436F-BD41-568683FB31A7.jpg



他の地域の復元でも変な間違いはよくあるんです。

聞いてみたら彼ら独自で調べて日本人が協力していないケースもよくあるみたいですね。

自分たちの感覚で変えてしまう事もあるのでしょう。


10811518-3C7E-44B7-9D67-1884814B15F7.jpg1B04A641-9D24-4AF1-BEC2-8FC709216342.jpg



台湾では日本統治時代はファンタジー化しているのかも知れない(*´ω`*)

と感じることがよくあります。


また何か思うところがあったら台北から更新してみます( ´ ▽ ` )ノ


写真は新富町文化市場と周辺


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック