湾生、中田芳子さん著『十四歳の夏』と花蓮の松園別館

「湾生」という方たちを御存知でしょうか?「湾生」とは、約70年前まで日本が統治していた台湾で生まれ育った日本人のことです。彼らは日本の敗戦により、生まれ故郷台湾を追われることになり、祖国日本へ戻られた方々です。しかし、日本では生活の基盤も何もなく、苦しい生活が待っていたのです。 ▲中田芳子さんの『十四歳の夏』、目頭が熱くなります。 松ぼっくりは花蓮の松園別館の百年老松のもので、お土産屋さん…

続きを読む